ジェットスターの料金システムについて

人がいっぱいの空港

ジェットスターの料金システムについて

格安航空券と聞くとLCCを連想する人も多いことでしょう。
最近はLCCの就航路線も増えており、それぞれの会社によって魅力的なサービスを提供しています。
そして、その一つがジェットスター・ジャパンです。

運賃について

顎に手を当てて悩んでる人
格安航空会社として人気があるジェットスター・ジャパン、初めて利用する人の中には利用料金が気になる人もいるでしょう。
ジェトスターの運賃は、国内線には、「Starter」、「ちゃっかりPlus」、「しっかり Max」の3タイプがあります。
この中では、運賃だけの料金である「Starter」タイプが、最も安く購入できる基本タイプになります。
その他のタイプは、さらに追加料金を支払うことで様々なオプションを選択できます。
例えば、座席の指定や受託手荷物は、予約した後でも有料オプションで追加できますが、いったん予約した後は、それぞれの運賃タイプの変更はできませんので注意しましょう。
ジェットスター・ジャパンの運賃タイプは、予約する時に確定する必要があります。

それぞれのタイプの特徴について

ジェットコースターでの国内線では3つの運賃タイプを用意しており、それぞれその内容が異なります。
まず「Starter」タイプで、こちらは追加料金はありません。
座席指定は有料になっており、予約した後の変更も有料でできますが、払い戻し制度はありませんので注意してください。

次に「ちゃっかりPlus」で、こちらは「Starter」タイプに1,650円をプラスすれば申し込みできます。
この料金ブランでは、10kgまでの受託手荷物と座席指定「スタンダードシート」が無料です。
また、予約した後の日時や搭乗者名の変更も無料でできますが、「Starter」タイプと同じで払い戻しはできません。

そして「しっかり Max」で、こちらは「Starter運賃」に4,000円~15,000円程度加算されます。
こちらは30kgまでの受託手荷物とすべてのシートタイプの座席指定が無料であり、手数料を支払えば払い戻しができます。

「しっかりMax」について

ジェットコースターでは、「しっかりMax」が一番高い運賃になり、他のタイプと比べて10,000円前割増になります。
この「しっかりMax」は、大手航空会社の運賃に近いタイプと言えます。
10,000円前後の割増料金については幅があり、その日の路線や搭乗日、また便などよって異なります。
実際の割増料金については、ジェットスターの公式サイトなどで確認する必要があります。
その都度変更されることがありますので、利用する前にしっかりチェックしておきましょう。
通常は10,000円前後の割増が多いですが、「Starter」が高い時期になると、下限である4,000円程度になることもあります。

利用用途に応じて選びましょう

魅力的な格安航空券などを提供しているジェットスター・ジャパンは、国内線の料金は3つにタイプに分かれています。
そのタイプが、「Starter」、「ちゃっかりPlus」、「しっかり Max」です。
それぞれに特徴がありますので、利用する際は自分に合ったタイプを選択しましょう。
そしてこの中で一番高いのが「しっかりMax」ですが、このタイプは飛行機を利用するのが確実な時にオススメします。
さらに、「Starter」の運賃が高い時期で、割増料金が下限4,000円である時に、保険として利用するのも一つの方法だと言えます。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017格安航空券は旅行やビジネスにこそおすすめできる!All Rights Reserved.